ベンチャー企業に強い就職サイトはこれだ!

成長途中の優良ベンチャー企業の情報を扱っている就職支援サイトをまとめました

エンジニア

ベンチャーで多い仕事のうち、エンジニアについて説明しています。

理系だけじゃない!ベンチャーの「エンジニア」の仕事とは?

ここでは、ベンチャー企業のエンジニアについて、具体的な仕事内容や社員の声を集めて紹介します。エンジニアと聞くと理系出身が多いと思われがちですが、文系の学部からエンジニアになった方もベンチャー企業にはたくさんいます。そんな方の声も紹介します。

A社(ソフトウエア開発)

仕事内容:会計事務所向けの会計・税務ソフトウエアおよびシステムの開発

先輩社員の声:自分は商学部出身で、簿記や会計などは学んでいたのですがシステム開発についてはまったくの素人でした。この会社に入りシステムエンジニア(SE)という仕事について知り、さまざまなソフトウエアの開発に携わることができました。

入社3年目でプロジェクトリーダーとしてプログラム設計や全体のマネジメントなど任されましたが、毎日試行錯誤の連続で苦労しました。でも、納品できたときのあの達成感はいつも感慨ひとしおです。

B社(機械設計・電気電子設計、開発)

仕事内容:包装機のプログラミング設計、開発

先輩社員の声:スーパーで、生鮮食品などラッピングされた食料品を見かけたことはありませんか。このラッピング機器のプログラムに、私は携わっています。

形状にあったラッピングやラベルの貼る位置など、お客様の要望をもとにプログラムをカスタマイズしたり、アイデアを練って新しいプログラムを開発するなど、仕事内容は多岐にわたります。よい製品づくりに没頭できる環境がこの会社にはあって、楽しみながら仕事しています。

C社(通信業)

仕事内容:通信機器・電子機器の設計開発

先輩社員の声:この会社のいいところは、上長からの指示通りに開発を進めるのではなく、自分の創意工夫でチャレンジできること。失敗を繰り返しながらも成功した時の達成感と自分が成長したという実感が、仕事のやりがいにつながっています。

こうした挑戦できる場を与えてくれるベンチャー企業にとても感謝していますし、これからも続けていきたいと思います。

D社(自動車部品・空調機器メーカー)

仕事内容:自動車部品の設計開発

先輩社員の声:立ち上げたばかりの小さなベンチャーですが、その分何でも一人でできることが魅力です。それに下請けといっても、自分の意見を通せることもやりやすい職場だと思います。

例えば、取引先からオーダーがあった機械の仕様書を見ても、そのまま作るのではなく直接打ち合わせをして、仕様書の変更を提案したり。本当に必要とされるものがこの会社なら作れるということは、社会貢献にもつながってとてもやりがいを感じます。

E社(通信業ジョイントベンチャー)

仕事内容:業務用パラボラアンテナの施工管理、保守

先輩社員の声:業務用パラボラアンテナの施工には、私たちをはじめ多くのジョイントベンチャーが参画しています。こうした人たちを取りまとめ、納期にあわせてスケジュール計画を立て、遅れないように遂行することが私の仕事です。

技術スタッフの多くは20代後半~30代前半ですが、若手からベテランまで幅広い年代の社員が活躍している会社です。

これらベンチャー企業の求人を掲載している就職支援サイトはこちら