ベンチャー企業に強い就職サイトはこれだ!

成長途中の優良ベンチャー企業の情報を扱っている就職支援サイトをまとめました

自己成長

大手企業とベンチャー企業の仕事のやりがいについて解説しています。

ベンチャー企業・大手のメリット比較【自分の成長編】

メリット1:自分自身の成長が早い

ベンチャー企業では、社員一人に任される仕事量が多かったり、さまざまな業務に取り組める環境があります。その分、自分で考え行動する、仕事に対して積極的になれるなど、自分自身の成長を感じられることもベンチャーのメリットといえるでしょう。

日々の業務に追われているうちは気付かないかもしれません。しかし、仕事をこなすスピードが早くなったり、難易度の高い業務でもこなせるようになったりと、早い段階から成長する自分を実感した人がベンチャーには多いようです。

それだけ高いスキルやどこにいっても通用する力を、早々に身に付けられる土壌がベンチャー企業にはあります。

メリット2:重要ポストに早く就ける

ベンチャー企業で活躍する社員の多くは、20~30代の若い人です。しかも、30代で会社の重要な役職に就いている人も少なくありません。

20代のうちに企画力や提案力など高いスキルを身に付け、30代で社長になった人もたくさんいます。ベンチャーでは、新規ビジネスなどの意思決定が早いなどスピード感が重視されますが、その分、大手企業よりも経験も知識も豊富な人材が育ちやすいといった環境があります。

ただし、偉くなっても雑用のような仕事も自分で行うこともあります。重要ポストだからといって、大きなソファーにふんぞり返るのではなく、常に社員と一丸となって自らも戦士となってチャレンジし続ける、それが自己成長へとつながっていくのです。

メリット3:責任感が身に付く

ベンチャー企業で身に付きやすいスキルの一つに、会社や社会に対しての責任感があります。

どんなビジネスにも言えますが、必ずしも成功するとは限りません。どのような戦略を立てれば成功するのか、マーケットの変化にどう対応すればよいのか、社会に対して還元できることは何かなどを決定する力も求められます。これは決してリーダーだけでなく、社員全員にも求められることなのです。

こうして、若いうちに会社や社会に対しての責任感が早々に身に付き、あらゆる世界から求められる人間へと成長できる環境があるのもベンチャーの魅力でしょう。